ハウツー記事

呼吸器っこの飛行機乗り方☆改めて飛行機に乗る時の様子をご紹介します (18トリソミー)

ケアチャネル事務局

ケアチャネル事務局

21年08月31日 ・ 違反報告

3

2021.08.31

呼吸器っこの飛行機乗り方☆改めて飛行機に乗る時の様子をご紹介します (18トリソミー)

以前にも紹介しましたが、

改めて飛行機に乗る時の様子をご紹介します。

 

なるんこは優先搭乗で1番に乗らせてくれます。

我が家のセッティングが終わってから他のお客さんが乗るので、少しでも早くするためゲートオープン前から準備します。

回路と加温加湿器を離して直結に。

 

飛行機ドア前でバギーを預けるので、バギーに載ってるものは外してバッグにまとめます。

 

 

ドア前で全て外して席へ。

荷物を運ぶのはCAさんも手伝ってくれます。

なるんこの移動は抱っこで。

座位がとれる子ならば、飛行機通路幅の車椅子を貸してくれます。

ほぼ三席!めっちゃ大きくなったなるんこです。

 

機器は前の座席の下へ。

奥から

トリロジー、加温加湿器、蓄電池、酸素ボンベ、吸引器。

 

加温加湿器と蓄電池はこんな感じで置いています。

 

忘れてならないのはS字フック。

吸盤タイプのフックは壁にひっつかないです。

 

今は感染対策で毛布、枕の貸し出しはありませんが、事前にプライオリティサービスに連絡すると用意してくれます。

 

飛んだ!

今回は往復共に機上の調子よかったです。

 

こんな風に向きを変えたり。

搭乗11回目?

随分と慣れてきました。

 

な:18っこ奄美ツアーしたいなあ

 

みんなでチャプチャプしたいねーー

 

 

引用元

なるんこ日記

記事の続きを見るにはログインが必要です。
続きをご覧になりたい方は会員登録またはログインをお願いします。

  • 3
  • 0

お出かけ・旅行 

このハウツー記事へのコメント

コメント(0)

この投稿にはまだコメントはありません。

関連するハウツー記事

コメントする