ハウツー記事

半固形食のすすめ〜続編☆食事の改善で、みんなの体調が良くなって〜happyが広がりますように (訪問看護ステーションベビーノ)

ケアチャネル事務局

ケアチャネル事務局

05月12日 ・ 違反報告

1

2021.05.12

半固形食のすすめ〜続編☆食事の改善で、みんなの体調が良くなって〜happyが広がりますように (訪問看護ステーションベビーノ)

今日は、昨日の勉強会についての報告の続きですウインク

 
2番目の浅野先生からも、さらにミキサー食の利点について念押しがありました爆笑
 
半固形食にすることで、注入回数が減り、外出もしやすくなることで、リズムができ、夜もよく眠れるようになるということでしたキラキラ
 
さらに、胃ろうからでなくても、お鼻からの栄養チューブからでも、なんでも入れられるとびっくり
 
川口も今まで、栄養チューブからの注入をお勧めして、実施していたお子さんもいましたが〜
 
まさか、カツ丼まで入れられるとは笑い泣き
 
川口の担当では、ミートソーススパゲティがMAX頑張ったメニューだったので・・負けましたウシシ
 
お鼻のチューブは細いので、手首への負荷が特にきついですショボーン
 
けれども今までの経験上、そこを頑張ると、お口から少しでも食べられるお子さんは、どんどん食べるのが上手になりますチュー
 
でももちろん、無理のない程度でやっていきましょうねウインク
 
1週間に1回の注入でも、お肌の調子が良くなったり、体調が良くなったりするとのことですからウインク
 
でもでも、ミキサー食はやっぱり手間がかかるので、先生がお勧めしていたのは、こちら!
美味しくミキサーもいいですが、なめらか定食を推していましたよもぐもぐ
 
そして、最後の藤川さん。お子さんが病気を持っているママで、実体験をお話しして下さいました。
 
お子さんは乳酸値やケトン体が高く、カリウムが低く〜お薬で対応したりもしていましたが、なかなか改善せずアセアセ皮膚トラブルも酷かったそうですショック
 
なのに、ミキサー食を始めたら、全部が改善ガーンどれだけ、普通の食事が大切なのかを身を持って体感されたそうですイエローハーツ
 
胃ろうのボタンでは、GBラージボアというタイプをお勧めしていました。
 
ラージボアだと、粗めのミキサー食でも入れやすく、特にお粥ならそのまま入れられるそうですラブ
 
しかも、シリンジも懸濁ボトルもそのままボタンに突っ込むことができるので、チューブを使う必要がなくて、楽ちんとのことルンルン
 
昨日の勉強会では、色々と新しいことも知ることができ、とても良い時間を過ごせましたキラキラ
 
昨日も書きましたが、半固形食やミキサー食を使うこと、お鼻のチューブからの食事の注入、胃ろうのボタンの変更などなどは、お子さんの体調や状況に合わせる必要があります上差し
 
主治医と相談して、進めていってくださいねニコニコ
 
食事の改善で、みんなの体調が良くなって〜happyが広がりますように照れ
 
 

記事の続きを見るにはログインが必要です。
続きをご覧になりたい方は会員登録またはログインをお願いします。

  • 1
  • 0

食事 

このハウツー記事へのコメント

コメント(0)

この投稿にはまだコメントはありません。

関連するハウツー記事

コメントする