ハウツー記事

バギーで移動☆特急列車から普通列車(気管切開)

ケアチャネル事務局

ケアチャネル事務局

16年09月16日 ・ 違反報告

0

2016.09.16

バギーで移動☆特急列車から普通列車(気管切開)

対象者

性別
年齢 5歳
診断・症状 気管切開 経鼻経管栄養

実践者

保護者(母) 流星群を見に行く鳥取旅行。
1日目は、山の日でもあり、行きの快速電車は激混み。
なんとか兵庫県上郡市までたどり着き、そこからは指定席を取っている特急に乗りました。

ハウツー

特急では、車いす対応座席を事前に確保できていたので、ふたばはバギーに乗ったまま乗車しました。

車いす対応座席とは、2つ並びの座席のうち、1つが空いていて、車いすを置くスペースのある座席のこと。

窓際が私、隣の空きスペースにバギーのふたば。
特急によっては、車いす対応座席がないものも多いので、事前に確認が必要です。
インターネットでは予約できず、電話か、窓口に行って相談をします。
車いす対応座席は、通常の座席のようにコンピュータで管理されていなくて、「特定席受付台帳」というもので管理されているようです。
車いす対応座席を利用すると、乗り降りのときに介助の方が来てくださってスロープを用意してくださり、お手伝いをしてくれます!
ありがたや~~
特急を降り、次はローカル線。
ガラガラだったのでバギーでも余裕。
後ろで踊っているのは私とひとみです(^^)
車窓からの緑がとってもきれいでした。
降りた駅から、バスで宿泊するコテージに向かいます。
駅の近くで昼食をいただき、川沿いを散歩したり、池のコイにえさをやったり。
この日は、夜の星空観測に備えて、日中はゆっくり過ごしました。

記事の続きを見るにはログインが必要です。
続きをご覧になりたい方は会員登録またはログインをお願いします。

  • 0
  • 0

移動 

このハウツー記事へのコメント

コメント(0)

この投稿にはまだコメントはありません。

関連するハウツー記事

コメントする